お問いあわせ
会報
JPTA 公益財団法人 日本ピアノ教育連盟 ホーム > イベント > 第34回全国研究大会
第34回全国研究大会パンフレット表紙
第34回全国研究大会
2018. 3. 29(木)〜 3. 30(金)
 昭和音楽大学 (神奈川・川崎市)
最新情報
2017/12/08 前売りチケットの販売を開始いたしました。
2017/11/2 第34回全国研究大会のページを公開しました。

特別講師 パーヴェル・ギリロフ
特別講師 パーヴェル・ギリロフ photo ウクライナ南東部のドネツクに生まれる。 幼い頃から神童ぶりを発揮し、8歳でオーケストラとの共演を果たす。 11歳の時、ドミトリー・カバレフスキーのピアノ協奏曲第3番を演奏。その演奏を聴いたカバレフスキーの勧めによりサンクトペテルブルグ音楽院へ入学する。 1972年モスクワで開催された全ソビエト・ピアノコンクール優勝。1975年ワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクール入賞。1978年にはヴィオッティ国際ピアノコンクールで優勝し、高い評価を受ける。 1976年の卒業後には、サンクトペテルブルグ音楽院で最年少の教授に就任。 ソリストとして、またレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー室内管弦楽団など世界的に著名な様々なオーケストラとの共演は聴衆に熱狂的な支持を受けている。 室内楽にも思い入れが強く、ギリロフ・ピアノ四重奏団を設立。 ドイツ・グラモフォン、RCAビクター、東芝EMIなどのレーベルからCDリリース。 教育活動にも熱心で、ソロとしての忙しい活動の傍ら、ケルン音楽大学およびザルツブルク・モーツァルテウム大学の教授として後進の指導にも力を注ぎ、多くの国際的受賞者を輩出している。また数多くのマスタークラスを監修・参加、国際コンクールの審査員も務めている。 2005年ボン・テレコム・ベートーヴェン国際ピアノコンクールを設立、現在は芸術監督と審査委員長。

第34回全国研究大会パンフレットダウンロード
[ ↑ダウンロード 1,043KB ]
問い合わせ
お問い合わせは、本連盟事務局までどうぞ。
主催: (公財)日本ピアノ教育連盟
助成: (公財)ローム ミュージック ファンデーション
協賛: (株)音楽之友社    (株)河合楽器製作所
(株)全音楽譜出版社  (株)ヤマハミュージックジャパン
JPTA 公益財団法人 日本ピアノ教育連盟 公益財団法人 日本ピアノ教育連盟
サイトご利用時の注意